レシピのメモ帳

クックパッドで見つけた人気で美味しそうなレシピを色々まとめています。今日の献立を考えるときにも活用してください。

カツ丼 レシピ

今回は「カツ丼」で調べたときにクックパッドで出てきたレシピをまとめています。

ちなみにこの記事では、つくれぽ件数が多い順番にまとめています。

「いつもと少し違うカツ丼を作りたい」
クックパッドで人気のカツ丼のレシピを知りたい」

って方は、参考にしてください。

カツ丼の厳選レシピ20選

1人前♪おいし~カツ丼タレ&作り方♡

つくれぽ件数:6,905件




タップで材料(1人分)をチェックするご飯:丼1杯分
豚カツ(チキンカツなど手作りでも買って来たものでもお好みで):1枚
玉ねぎ:1/4個
卵:2個
◎水:50cc(大さじ3強)
◎醤油:大さじ1
◎みりん:大さじ1
◎酒:大さじ1
◎砂糖:小さじ1.5
◎だしの素:小さじ1


めんつゆ使用!カツ丼や親子丼の黄金比率!

つくれぽ件数:1,004件




タップで材料(1)をチェックするとんかつ:1枚
長ねぎ(玉ねぎ):細1/2本
○めんつゆ(3倍希釈):大さじ2
○水:70cc
○醤油:小さじ1
○砂糖:小さじ1
○酒:大さじ1
○みりん:大さじ1
玉子:2個


ウチの黄金比♪卵丼*親子丼*カツ丼

つくれぽ件数:573件




タップで材料(1人分(御飯1膳強分))をチェックする卵:2個
玉葱(薄くスライス):1/4個(中サイズ)
鰹出汁(水+顆粒だしの素でもOK⇒お味噌汁位の濃さ)...A:75cc(大さじ5)
醤油...A:15cc(大さじ1)
酒...A:15cc(大さじ1)
みりん...A:22.5~30cc(大さじ1.5~2/甘めが好きな方は大さじ2)
葱、三つ葉、海苔(お好みで):適量


☆カツ丼☆

つくれぽ件数:560件




タップで材料(1人分)をチェックするとんかつ:1枚
卵:2個
玉ねぎ:1/4個
●水:80ml
●しょうゆ:大さじ1
●みりん:大さじ1
●酒:大さじ1/2
●砂糖:大さじ1/2
●顆粒和風だし:小さじ1/3


我が家で大人気♪^^ソースチキンカツ丼♪

つくれぽ件数:483件




タップで材料(2~3人分)をチェックする鶏肉(ムネ肉):2枚
小麦粉・パン粉:適量
卵:1コ
★さとう:大さじ1
★水:大さじ2
★とんかつソース:大さじ1
★トマトケチャップ:大さじ2.5
★しょうゆ:大さじ1.5
★すりゴマ:大さじ1
揚げ油(日清ベジフルーツオイル):適量
レタス:適量
ご飯:適量


【基本】めんつゆで簡単♪絶品カツ丼

つくれぽ件数:389件




タップで材料(2人分)をチェックするとんかつ:2枚
玉ねぎ:1/2個
水:150ml
めんつゆ(3倍濃縮タイプ):50ml
砂糖:大さじ2
卵:2個


絶品♡̷彼も喜ぶお店の味の簡単カツ丼!

つくれぽ件数:389件




タップで材料(1人分)をチェックするロースカツ(惣菜を使用):1枚
玉ねぎ:2分の1
水:300cc
だしの素:小さじ1
みりん:大さじ2
しょうゆ:大さじ4
砂糖:小さじ3
卵:2個
きざみねぎ:少々
ご飯:1合


秒速で完食▶絶対カツ丼◀カツとじ&かつ煮

つくれぽ件数:297件




タップで材料(1人分)をチェックするトンカツ:市販品1枚
玉ねぎ:1/4個
卵:2個
温かいご飯:適量(約200~300g)
しょう油:大さじ1.5
◎みりん:大さじ2
◎砂糖:小さじ1
◎顆粒だし:小さじ1
◎水:50mL■以下のトッピングはお好みで
刻みネギまたは三つ葉:適量
七味または一味唐辛子:適量


(σ・∀・)σ 「麺つゆカツ丼」

つくれぽ件数:255件




タップで材料(1人分 ・・・水の量だけ違います)をチェックするとんかつ:大きく4・5切れ
①玉ねぎ:1/4個
②麺つゆ(3倍濃縮):25ml
卵:1個
ごはん:お好みの量■③水(↓↓どちらか)
おうちで食べる「熱々カツ丼」:45ml
水分を少なくした「お弁当カツ丼」:25ml


カツ丼カツとじは,この味!

つくれぽ件数:168件




タップで材料(1人分)をチェックするとんかつ:1枚
卵:1個
タマネギ:1/4個
醤油:大さじ1(15cc)
みりん:大さじ1(15cc)
砂糖:小さじ1
ほんだし:小さじ1/2
水:70cc
ネギ:好みで


*厚揚げのカツ丼風卵とじ*

つくれぽ件数:137件




タップで材料(2)をチェックする厚揚げ:2枚
玉ねぎ:1/2個
卵:2個
めんつゆ(3倍濃縮):50cc
水:100cc
砂糖:小1/2
三つ葉または小葱:適量


旨っ!新潟タレカツ丼

つくれぽ件数:134件




タップで材料(4人分)をチェックする鶏むね肉:1枚半〜2枚
塩コショー:適量
キャベツ(なくてもOK):適量
パン粉:適量
ご飯:適量■《フライの液》
小麦粉:3/4カップ
卵:1個
水:適量■《タレ》
醤油:大さじ5
みりん:大さじ5
水:大さじ5
砂糖:大さじ4
酒:大さじ1
ほんだし:小さじ1


簡単フライパンで4人分カツ丼

つくれぽ件数:119件




タップで材料をチェックするとんかつ(揚げたもの):2枚
玉葱:1個
玉子:4個■出汁
醤油:50ml
みりん:50ml
砂糖:大さじ2強
かつおだし(顆粒):小さじ1強
水:600ml
青ネギ:少々


簡単10分☆冷めても美味しいカツ丼弁当

つくれぽ件数:117件




タップで材料(1人前)をチェックするトンカツ(チキンカツでも):1枚
玉ねぎ:1/2個
人参:1mm幅スライス5~6枚
◎水:100cc(1/2カップ)
ほんだし(顆粒):1/2袋(5g)
◎しょうゆ:大さじ2
◎みりん:大さじ1
◎お酒:大さじ1
◎砂糖:大さじ1
卵:2個
ネギ(あさつき):飾り


親子丼やカツ丼の玉子を半熟に仕上げるコツ

つくれぽ件数:103件




タップで材料(1)をチェックする親子丼やカツ丼などの具:1人前
玉子:2つ


とろりん卵でガッツリ♡カツ丼♡

つくれぽ件数:95件




タップで材料(1人分)をチェックするとんかつ:1枚
玉ねぎ:1/8個
☆水:70cc
☆みりん・砂糖・酒・醤油:各大さじ1
かつおだし:小さじ1/2弱
卵(Mサイズ):2個


意外にイケる!?お好みカツ丼*ˊᵕˋ)੭

つくれぽ件数:64件




タップで材料(1人分)をチェックするとんかつ:1枚
温かいご飯:丼1膳分
鰹節:1パック〜たっぷり
お好みソース:お好きなだけ
紅生姜:お好みの量■(お好みでマヨネーズ、青のりかけてもいいかも)


新潟B級グルメタレカツ丼

つくれぽ件数:58件




タップで材料をチェックする豚ブロック(ヒレorロース):約300g
塩胡椒:少々
小麦粉:適量
卵:2つ
牛乳:少々
細かいパン粉:適量■★タレ★
醤油:大5
酒:大1
砂糖:大3
水:大6


めんつゆで簡単✨絶品 カツ丼

つくれぽ件数:57件




タップで材料をチェックするトンカツ:1〜2枚
玉ねぎ:大1個
卵:2個〜2個半
☆めんつゆ(3倍濃縮):100cc
☆水:300cc
三温糖:大さじ1
さやえんどう(グリーンピース等):適量


新潟名物!たれカツ丼♪

つくれぽ件数:47件




タップで材料(4人前)をチェックする丼ぶり飯:4杯分
擂り胡麻:少々
刻み海苔:適量■カツ
豚モモ又はヒレ肉:5~600g
薄力粉:適量
塩胡椒:少々
玉子:1個
パン粉:適量
牛乳:50㏄■たれカツ丼のタレ
みりん:75㏄
酒:25㏄
水:300㏄
醤油:100㏄
出汁の素:小さじ1/2
ザラメ(または砂糖):大さじ1

料理に関する豆知識10個

最後に、30人の主婦に取ったアンケートで分かった「料理の豆知識」をまとめています。

食材の下ごしらえから揚げ物のコツまで色々あるので、よければ参考にしてください。

うどんを茹でるときのポイントは、大きな鍋を使って分量表示よりもたっぷり多い水量で、弱めの火加減でうどんを泳がせるように茹でる事です。そうすることで、中まで火を通しつつコシのある美味しいうどんが作れます。
サザエを選ぶときは産地をしっかりとチェックをして買うようにしています。経験上ですが外房の波の荒いサザエは、波の静かな内房のサザエに比べて身がしまっている気がします。 そのため外房のサザエはしっかりと火を通す料理に、内房のサザエは刺身や和物など、比較的火を通さなくても良い料理に使うようにしています。ちなみにこの違いはサザエの角の有無で判別することができて、サザエの角があるものは外房、ないものは内房です。
スーパーで無料で貰える牛脂ですが、これで餃子を焼くと安い市販の餃子でもパリッとジューシーに美味しく焼く事が出来ます。またハンバーグのタネの中に入れれば、焼いた時に油分が出ていつもよりジューシーに仕上がります。
辛さの好き嫌いがあるグループでカレーを楽しむ場合は、まず甘めのカレーを作ります。そして辛いのが好きな人向けには、一味唐辛子や黒胡椒・胡椒を用意しておけば自分で辛さを調整する事ができます。
乾麺のパスタを調理する場合は、茹でる前にパスタを水につけておくと茹で時間が大幅に短縮できます。食感もモチモチになってくれるので、一度試してみてください。
豚キムチを作る時はキムチを入れるので下味は不要だと思いがちですが、必ず豚肉に塩コショウをしておきます。こうするとお肉の臭みを感じにくく、味がハッキリするのでとても美味しく仕上がります。
チャーハンを作る時は、ご飯に卵を絡めてから炒めるとご飯一粒一粒に卵がコーティングされパラパラに仕上がるのでおすすめです。マヨネーズを少し入れるのも風味アップのカギになります。
オクラを購入した際はネットに入れたまま塩洗いしましょう。こうすることでオクラの産毛もキレイに取れるし、水切りも簡単にできるのでオススメです。
魚や根菜などで煮付け・煮物を作る際は、一度冷ますことが大切です。温度が冷めてくればきちんと味が染み込むので、一度火が通るまで煮立たせた後に冷ましておき、食べる直前に温め直すと美味しく頂けます。
固くて安いお肉を使うときは、玉ねぎのみじん切りやビール等に浸けておきましょう。酵素の力でお肉がずっと柔らかくなるので、美味しく食べる事ができます。