レシピのメモ帳

クックパッドで見つけた人気で美味しそうなレシピを色々まとめています。今日の献立を考えるときにも活用してください。

ローストビーフ 低カロリー レシピ

今回は「ローストビーフ 低カロリー」で調べたときにクックパッドで出てきたレシピをまとめています。

ちなみにこの記事では、つくれぽ件数が多い順番にまとめています。

「いつもと少し違うローストビーフを作りたい」
クックパッドで人気のローストビーフのレシピを知りたい」

って方は、参考にしてください。

ローストビーフの厳選レシピ3選

フライパンで!簡単和風ローストビーフ

つくれぽ件数:6件




タップで材料をチェックする牛もも肉塊:250〜350㌘
にんにく:ひとかけ■*タレ*
玉ねぎ(小):1/2個
醤油:大さじ4
酒:大さじ1
みりん:大さじ1
ノンカロリー甘味料:1袋(または、みりんを大さじ1追加)


カフェ風♡絶品サンドイッチ♡

つくれぽ件数:2件




タップで材料(1〜2分)をチェックするデニッシュ:2個
マスタード:適量
レタス:3枚ほど
ミニトマト:2個
ローストビーフ:好きなだけ
低カロマヨネーズ:適量


*糖質0麺のダイエットアジアン冷麺♡

つくれぽ件数:1件




タップで材料(1皿分)をチェックする紀文糖質0g麺(平麺):1袋180g
ローストビーフ:30g
ボイルエビ:20g
キューリ:1/420g
トマト:1/420g
アーリーレッド(紫タマネギ):10g
ルッコラ:20g
茹で卵:1/2
パクチー:3g
ニンニク:1/2欠片
ナンプラー:小さじ1
昆布つゆ:小さじ1
寿司酢:小さじ1
マヨネーズカロリーハーフ:大さじ1/2
オリーブオイル:大さじ1/2

料理に関する豆知識10個

最後に、30人の主婦に取ったアンケートで分かった「料理の豆知識」をまとめています。

食材の下ごしらえから揚げ物のコツまで色々あるので、よければ参考にしてください。

玉ねぎを切る時は、用途によって切り方を変えるのがポイントです。繊維に沿って切ると火の通りはゆっくり入るので、少し食感を残したいスープ・カレーなどの料理に向いています。逆に繊維に沿わずに切ると、火の通りが早くなって甘みを感じやすく、食感も柔らかくなります。
ふわふわの卵スープを作る場合は、沸騰したら火を止めてお玉とかでスープを回転させます。そしてそれとは逆回転で卵を回し入れることで、ふわふわで美味しい卵スープができます。
スーパーで無料で貰える牛脂ですが、これで餃子を焼くと安い市販の餃子でもパリッとジューシーに美味しく焼く事が出来ます。またハンバーグのタネの中に入れれば、焼いた時に油分が出ていつもよりジューシーに仕上がります。
そうめんを食べる時、コンビニなどで売っている冷凍のきざみおくらをつゆに入れます。氷を入れたかのようにキンキンに冷えますが、つゆがあまり薄まらないのでおいしいです。
フライパンを長持ちさせるには、フライパンを火にかける時は必ず何かしらを置いておく事が大切です。大事なフライパンなら、油だけでも良いので空焚きだけは避けるようにしましょう。
乾麺のパスタを調理する場合は、茹でる前にパスタを水につけておくと茹で時間が大幅に短縮できます。食感もモチモチになってくれるので、一度試してみてください。
オクラを購入した際はネットに入れたまま塩洗いしましょう。こうすることでオクラの産毛もキレイに取れるし、水切りも簡単にできるのでオススメです。
味噌汁を作る時は、鰹出汁や昆布出汁の素で具材を煮込んだ後に料理酒を少し入れるとコクが出ます。あと具材にもよりますが、味醂と砂糖でまろやかさを出すのもポイントです。出汁や味噌だけだと人によっては塩っぱいと感じる事もあるので、大人数に提供する場合には味醂・砂糖で味を整えて、最後に味噌を入れるのがオススメです。
辛さの好き嫌いがあるグループでカレーを楽しむ場合は、まず甘めのカレーを作ります。そして辛いのが好きな人向けには、一味唐辛子や黒胡椒・胡椒を用意しておけば自分で辛さを調整する事ができます。
肉汁たっぷりのお肉が食べたい時は、小麦粉をお肉の両面にふって十分ぐらい置いてから、油なしで強火でカリカリに焼くのがオススメです。