レシピのメモ帳

クックパッドで見つけた人気で美味しそうなレシピを色々まとめています。今日の献立を考えるときにも活用してください。

しらす丼 低カロリー レシピ

今回は「しらす丼 低カロリー」で調べたときにクックパッドで出てきたレシピをまとめています。

ちなみにこの記事では、つくれぽ件数が多い順番にまとめています。

「いつもと少し違うしらす丼を作りたい」
クックパッドで人気のしらす丼のレシピを知りたい」

って方は、参考にしてください。

しらす丼の厳選レシピ4選

低糖質ダイエット!米じゃない!超しらす丼

つくれぽ件数:3件




タップで材料(1人分)をチェックする釜揚げしらす:20〜30g
高野豆腐(乾燥時):約50g
卵:1個
醤油:適量■〜薬味〜
万能ねぎ:お好みで
大葉:お好みで
生姜すりおろし:お好みで
刻みのり:お好みで


ズボラ系簡単ヘルシーしらす豆腐丼!!

つくれぽ件数:1件




タップで材料(1人分)をチェックするしらす:お好み(結構たくさん使う)
豆腐:1パック
ネギ:適量
ご飯:茶碗半分
☆めんつゆ:大さじ1
☆味噌:小さじ2
卵:1個


豆腐しらすオクラ丼

つくれぽ件数:1件




タップで材料(1人分)をチェックするご飯:1膳
とろろ昆布:適量
豆腐:半丁
しらす:10g
冷凍刻みオクラ:35g
黄身:1つ
しょうゆ:適量
ごま油:適量


ヘルシーランチに♪栄養満点!ねばねば丼

つくれぽ件数:1件




タップで材料(1人前)をチェックするしらたきご飯ID:5769358:150g
オクラ:3本
豆腐:70g
醤油:小さじ1
納豆:1パック(45g)
味付きめかぶ:1パック(40g)
キムチ:30g
釜揚げしらす:25g

料理に関する豆知識10個

最後に、30人の主婦に取ったアンケートで分かった「料理の豆知識」をまとめています。

食材の下ごしらえから揚げ物のコツまで色々あるので、よければ参考にしてください。

夏場はお米を炊くときには、少しだけ酢を入れて炊きます。そうすると炊き上がったお米がツヤツヤになるだけじゃなくて、食欲低下にも効果があるし、普通に炊くよりも長持ちします。
ナスはとても美味しいですが、油を吸いやすいのが難点です。ナスに油を吸わせすぎないためには、先にポリ袋の中で少量の油でコーティングしてから調理するのがポイントです。
シチューをルーから作る時は、別でわざわざルーを作るのではなくたまねぎや肉などの具材を炒める時に小麦粉を入れ、後から継ぎ足しで牛乳を入れるのがおすすめです。別でルーを作るときはどうしてもダマになりやすく、洗い物も増えてしまうので一緒に炒めながら作ってしまうのがおすすめです。
焼き魚を焼く際は焼き網の下に乾燥させたみかんの皮を入れて焼くと良いです。リモネンという成分が出て、後で洗う際に油汚れを落としてくれるので洗いやすくなります。
ふわふわの卵スープを作る場合は、沸騰したら火を止めてお玉とかでスープを回転させます。そしてそれとは逆回転で卵を回し入れることで、ふわふわで美味しい卵スープができます。
味噌汁を作る時は、鰹出汁や昆布出汁の素で具材を煮込んだ後に料理酒を少し入れるとコクが出ます。あと具材にもよりますが、味醂と砂糖でまろやかさを出すのもポイントです。出汁や味噌だけだと人によっては塩っぱいと感じる事もあるので、大人数に提供する場合には味醂・砂糖で味を整えて、最後に味噌を入れるのがオススメです。
野菜クズは捨てずに保存しておけば、出汁をとる事が出来ます。捨ててしまうと単なるゴミですが、野菜クズは栄養がたくさんあるので良い出汁も取れて一石二鳥です。
スーパーで無料で貰える牛脂ですが、これで餃子を焼くと安い市販の餃子でもパリッとジューシーに美味しく焼く事が出来ます。またハンバーグのタネの中に入れれば、焼いた時に油分が出ていつもよりジューシーに仕上がります。
ゆで卵を作るときは、スプーンの丸みのある裏側で軽く卵のお尻部分を叩いて、ほんの少しだけヒビを入れておくと良いです。こうすればゆで卵の殻がすっと剥けるようになります。
魚や根菜などで煮付け・煮物を作る際は、一度冷ますことが大切です。温度が冷めてくればきちんと味が染み込むので、一度火が通るまで煮立たせた後に冷ましておき、食べる直前に温め直すと美味しく頂けます。