レシピのメモ帳

クックパッドで見つけた人気で美味しそうなレシピを色々まとめています。今日の献立を考えるときにも活用してください。

辛子れんこん 低カロリー レシピ

今回は「辛子れんこん 低カロリー」で調べたときにクックパッドで出てきたレシピをまとめています。

ちなみにこの記事では、つくれぽ件数が多い順番にまとめています。

「いつもと少し違う辛子れんこんを作りたい」
クックパッドで人気の辛子れんこんのレシピを知りたい」

って方は、参考にしてください。

辛子れんこんの厳選レシピ7選

レンジでチンだけ!鶏肉とししとうの揚浸し

つくれぽ件数:2件




タップで材料(2人分)をチェックするししとう:20本程度
しめじ:1/2株
ごま油:小さじ1
a鶏肉:80g
a片栗粉:小さじ1
a酒:小さじ1
a醤油:小さじ1/4
a胡椒:少々
bネギみじん切り:大さじ1
b生姜みじん切り:小さじ1
bにんにくみじん切り:小さじ1/2
b砂糖:大さじ1
b醤油:大さじ1
bお酢:大さじ3〜4
b豆板醤:小さじ1/2


ヘルシー!揚げずに焼き浸しでカロリー減

つくれぽ件数:1件




タップで材料(四人分 +お弁当用)をチェックする鶏むね肉:二枚
ニンニク:1かけ
片栗粉:鶏肉にまぶす用
★なすび:4本
★ピーマン:4個
★カボチャ:1/2個■《たれ》
水:400cc
小パック鰹ぶし:2袋
醤油:大さじ3
みりん:大さじ3
砂糖:大さじ1
塩:小さじ1/2


かぼちゃとエリンギの焼き浸し

つくれぽ件数:1件




タップで材料(3人分)をチェックするかぼちゃ:300g
エリンギ:1本
サラダ油:小さじ1
青ねぎ:10g■煮汁
水:200cc
顆粒和風だし:小さじ1
しょうゆ:大さじ1
みりん:大さじ1
酢:大さじ1


なすびの焼き浸し

つくれぽ件数:1件




タップで材料(3〜4人分)をチェックするなすび(小さめ):3本
○水:大6
○めんつゆ(3倍濃縮):大3
○ポン酢(お好みで):大1/2〜1
ねぎ:適量
かつお節:適量
しょうがすりおろし:適量


【おばんざい】茄子ときのこのたいたん

つくれぽ件数:1件




タップで材料をチェックする茄子:2本
しめじ:半房
えのき:半房
●だし汁:100cc
●醤油:大さじ1
●お酒:大さじ1
●みりん:大さじ1
お酢:大さじ1
おろし生姜:少々


茄子の焼き浸し

つくれぽ件数:1件




タップで材料をチェックする茄子:特大4ほん本
ピーマン:2個
サラダ油:大さじ1
2倍濃縮の麺つゆ:100cc


簡単♪うまい♪茄子の炒めびたし

つくれぽ件数:1件




タップで材料(2人分)をチェックするなす:2本
サラダ油:大さじ3
めんつゆ(2倍濃縮):100cc
水:100cc

料理に関する豆知識10個

最後に、30人の主婦に取ったアンケートで分かった「料理の豆知識」をまとめています。

食材の下ごしらえから揚げ物のコツまで色々あるので、よければ参考にしてください。

じゃがいもを茹でるときは、真ん中付近に切り込みを入れて茹でた後で、氷水につけて皮を両側に引っ張ると皮をつるんと綺麗に剥くことが出来ます。
玉ねぎを切る時は、用途によって切り方を変えるのがポイントです。繊維に沿って切ると火の通りはゆっくり入るので、少し食感を残したいスープ・カレーなどの料理に向いています。逆に繊維に沿わずに切ると、火の通りが早くなって甘みを感じやすく、食感も柔らかくなります。
肉汁たっぷりのお肉が食べたい時は、小麦粉をお肉の両面にふって十分ぐらい置いてから、油なしで強火でカリカリに焼くのがオススメです。
野菜クズは捨てずに保存しておけば、出汁をとる事が出来ます。捨ててしまうと単なるゴミですが、野菜クズは栄養がたくさんあるので良い出汁も取れて一石二鳥です。
揚げ物をする時は、油を温めてから食材を入れるのではなく、冷たい油に先に食材を入れてから火をつけると、油が跳ねないので安全に揚げ物が作れます。しかもこれだと火もゆっくり入るので、唐揚げなどでも中までしっかり火が入って柔らかくジューシーに仕上げることができます。
ふわふわの卵スープを作る場合は、沸騰したら火を止めてお玉とかでスープを回転させます。そしてそれとは逆回転で卵を回し入れることで、ふわふわで美味しい卵スープができます。
トンカツを作るときは溶き卵を豚肉の表面に付ける工程がありますが、この溶き卵に少しサラダ油を入れて混ぜておきましょう。そうすると豚肉の旨味が逃げ出すのを防いでくれるので、美味しいトンカツになります。
ナスはとても美味しいですが、油を吸いやすいのが難点です。ナスに油を吸わせすぎないためには、先にポリ袋の中で少量の油でコーティングしてから調理するのがポイントです。
辛さの好き嫌いがあるグループでカレーを楽しむ場合は、まず甘めのカレーを作ります。そして辛いのが好きな人向けには、一味唐辛子や黒胡椒・胡椒を用意しておけば自分で辛さを調整する事ができます。
うどんを茹でるときのポイントは、大きな鍋を使って分量表示よりもたっぷり多い水量で、弱めの火加減でうどんを泳がせるように茹でる事です。そうすることで、中まで火を通しつつコシのある美味しいうどんが作れます。