レシピのメモ帳

クックパッドで見つけた人気で美味しそうなレシピを色々まとめています。今日の献立を考えるときにも活用してください。

ふぐ鍋 レシピ

今回は「ふぐ鍋」で調べたときにクックパッドで出てきたレシピをまとめています。

ちなみにこの記事では、つくれぽ件数が多い順番にまとめています。

「いつもと少し違うふぐ鍋を作りたい」
クックパッドで人気のふぐ鍋のレシピを知りたい」

って方は、参考にしてください。

ふぐ鍋の厳選レシピ8選

自家製だいだい酢とだいだいポン酢

つくれぽ件数:4件




タップで材料をチェックするだいだい:いくつでもOK
みりん:だいだい酢と同量
醤油:だいだい酢と同量~2倍
出し昆布:適量


ふぐ鍋

つくれぽ件数:3件




タップで材料(2人分)をチェックするふぐ(下処理済):適量
白菜:1/4個
しめじ:1パック
ねぎ:2本
昆布(又は昆布だし):1枚
ゆずポン酢:1/2本


カワハギで☆なんちゃっててっちり

つくれぽ件数:3件




タップで材料(2~4人分)をチェックするカワハギ:1人あたり1尾~2尾
豆腐:半分~1個
お鍋用野菜:適量
昆布:10cmくらい
ポン酢:適量
柚子:お好みで■〆の雑炊用
塩:小匙1~2
ご飯:適量
卵:1~2個
わけぎ:適量


鍋のシメのお雑炊

つくれぽ件数:3件




タップで材料(3人分)をチェックするお鍋の残りのだし:800cc
ご飯:300g
卵:1〜2個
お餅:2個
七味唐辛子:適量
刻み海苔:適量
ポン酢:適量
薬味ねぎ:2本


ふぐ鍋

つくれぽ件数:2件




タップで材料(2人分)をチェックするふぐ(アラと身):250g
昆布:10×10cm
白菜:1/8個分
長ネギ:1本
人参:2cm
春菊:1/2束
しめじ:1/2パック
豆腐:1/2丁■紅葉おろし
一味唐辛子(粉):適量
大根:2cm
あさつき:適量
ポン酢:適量


アンコウの水炊き鍋

つくれぽ件数:2件




タップで材料をチェックするアンコウ(鍋用に切ったもの):お好きな量
白菜:適量
春菊:1束
ねぎ:1本
椎茸など好みのキノコ:適量
豆腐(絹でも木綿でも):1/2~1丁
万能ネギ(薬味用)ネギでも:適量」
ポン酢しょうゆ(ゆずポン):適量
ユズなどの柑橘類(あれば):適量
出し昆布:10cmくらい
ご飯(雑炊用):1膳(2人前)
卵:1こ


ちり鍋は酒たっぷりと昆布で

つくれぽ件数:2件




タップで材料(2人前)をチェックするてっちり:1パック
お好きな野菜:適宜 ■基本の酒だし
酒(塩分の入ってないもの):2カップ
水:1カップ
昆布:5センチ角
昆布茶(粉末):小さじ1


簡単とらふぐでてっちり鍋☆

つくれぽ件数:1件




タップで材料(2人分)をチェックするとらふぐ:1/2匹
白菜:2枚
菊菜:1束
長ネギ:1本
エノキ:適量
昆布:1枚
豆腐:1パック
春雨:適量
ポン酢:適量
ネギ(薬味用):適量
もみじおろし:お好みで

料理に関する豆知識10個

最後に、30人の主婦に取ったアンケートで分かった「料理の豆知識」をまとめています。

食材の下ごしらえから揚げ物のコツまで色々あるので、よければ参考にしてください。

ゆで卵を作るときは、2つポイントがあります。1つは、茹でる前の卵を常温にしておくこと。もう1つは、茹で上がったらすぐ氷水に入れてちょっとだけ殻にヒビを入れておく事。これをしておくと卵がちゃんと冷えた時に、つるんとキレイに剥けます。
そうめんを食べる時、コンビニなどで売っている冷凍のきざみおくらをつゆに入れます。氷を入れたかのようにキンキンに冷えますが、つゆがあまり薄まらないのでおいしいです。
ピーマンの肉詰めを作るときのポイントは、オーブンでピーマンを軽く焼いてからお肉を詰めることです。こうすればピーマンから余分な水分が抜けて、詰めたお肉が剥がれにくくなります。
トーストを焼くときは、トースターではなくフライパンで、できればガス火で焼くのがおすすめです。怖がりサクサクトースターができあがります!
ふわふわの卵スープを作る場合は、沸騰したら火を止めてお玉とかでスープを回転させます。そしてそれとは逆回転で卵を回し入れることで、ふわふわで美味しい卵スープができます。
固くて安いお肉を使うときは、玉ねぎのみじん切りやビール等に浸けておきましょう。酵素の力でお肉がずっと柔らかくなるので、美味しく食べる事ができます。
うどんを茹でるときのポイントは、大きな鍋を使って分量表示よりもたっぷり多い水量で、弱めの火加減でうどんを泳がせるように茹でる事です。そうすることで、中まで火を通しつつコシのある美味しいうどんが作れます。
味噌汁を作る時は、鰹出汁や昆布出汁の素で具材を煮込んだ後に料理酒を少し入れるとコクが出ます。あと具材にもよりますが、味醂と砂糖でまろやかさを出すのもポイントです。出汁や味噌だけだと人によっては塩っぱいと感じる事もあるので、大人数に提供する場合には味醂・砂糖で味を整えて、最後に味噌を入れるのがオススメです。
玉ねぎを切る時は、用途によって切り方を変えるのがポイントです。繊維に沿って切ると火の通りはゆっくり入るので、少し食感を残したいスープ・カレーなどの料理に向いています。逆に繊維に沿わずに切ると、火の通りが早くなって甘みを感じやすく、食感も柔らかくなります。
魚の塩焼きを作るときは、魚に塩を振ってから10分ほど置いておくのがポイントです。塩の浸透圧で余分な水分と生臭さが消えるので、美味しく魚を焼くことが出来ます。